水漏れ修理業者を待っている間~トイレの水漏れ応急処置~

どんな原因でもプロの業者ならすぐに解決できる

応急処置も必要!トイレの水漏れ対策

水漏れ修理を依頼した後は、トイレの水漏れをそのままにするのではなく応急処置をして、これ以上水漏れが起きないようにしましょう。

応急処置を知って被害の悪化を防ぐ

水漏れが起きないようにするにはどうしたらいいですか?
まずは止水栓を閉めて、流れる水を止めます。止水栓はトイレで使用する水の元栓なので、閉めると水は流れなくなります。そのため、トイレの使用が出来なくなることも把握しておきましょう。止水栓はトイレから出ている配管とつながっています。蛇口のようにひねることが出来る部分を閉めたら水が止まります。前もって止水栓の場所を確認しておきましょう。
パイプからの水漏れを防ぐには?
パイプから水漏れが起きている場合の応急処置は、融着テープを使用します。融着テープをパイプに撒いていきますが、少し引っ張るようにしてきつめに巻きます。何周か巻きますが、2周目は1周目に撒いたところに半分重ねて巻きます。このようにして水漏れ部分から2㎝くらい余裕をもって巻くと、しばらくは水漏れを防ぐことができます。
ウォシュレットの水漏れを防ぐには?
ウォシュレットから水漏れして、下手に触って修理しようとすると感電や故障する可能性があり危険です。そのため、むやみに触らずに、まずは止水栓を閉めて水漏れをとめましょう。また電気機器やコンセントに水がかかると危険なので、水が漏れている部分は綺麗に拭きましょう。あとは、業者が来るのを待って水漏れ修理の際に応急処置の説明をしましょう。

応急処置では解決にはならない

悩む作業員男性

トイレの水漏れは、少しの量で流れている場合もあります。そのため、気が付きにくい時もありますが、文字漏れに気が付いたらすぐに水漏れ修理業者に相談しましょう。水が少ししか漏れていなくても、長い間漏れ続けていると、水道料金が高くなってしまいます。料金や水資源のことも考えて、すぐに水漏れ修理をしてもらいましょう。

TOPボタン