水漏れ修理業者に原因を伝えるためにトイレの水漏れ原因を知る

どんな原因でもプロの業者ならすぐに解決できる

トイレの水漏れ修理をスムーズに行なうヒント

トイレから水漏れの音が聞こえてきても原因が分からないことがあります。しかし、トイレの水漏れには必ず原因があります。ここでは水漏れしやすい箇所とその原因を紹介します。事前に原因を把握しておけば水漏れ修理業者にきちんと伝えることが出来て、修理を速やかに終わらせることが出来ます。

水漏れが起こる箇所と原因をチェック

トイレの給水管接続部分
トイレの給水管とは、トイレから壁や床に繋がっている配管のことです。トイレで使用する水はその配管を通って溜まります。その配管には接続部分があり、その接続部分が緩んでしまったり、劣化したりするとそこから水漏れを起こすことがあります。
トイレタンク
トイレタンク内の部品などが劣化や破損をしていると、使用後も流れている水がとまらずに流れ続ける現象が起きます。他にも、水を流すためにひねるレバーがきちんと元に戻らない現象や、タンク内の水が溜まらないなどの現象が起きて水が出続けます。
ウォシュレット
ウォシュレット付きのトイレの場合は、掃除を怠っていると汚れが溜まってしまい、劣化や故障の原因に繋がります。また、劣化や破損が原因で水漏れに繋がる可能性もあります。ウォシュレット部分から水が漏れている可能性もあるので確認してみましょう。
便器
トイレの水漏れには、便器の破損が原因であることがあります。便器から水が漏れているときは確認するとすぐに分かると思いますが、便器が破損していたり、ヒビが入っていたりしているはずです。小さなヒビなら自分でも直すことが可能だが、ヒビを大きくしないためにも、業者に水漏れ修理依頼をしましょう。

湿気や室温が原因の可能性も?

トイレタンクは湿気や室温の関係で、結露を起こす可能性があります。水漏れと思っていたが、実は湿気と室温の関係によって起きた結露が垂れていることもあります。結露ではないかということを確認して、もし結露によるものであれば、対策をしましょう。結露を起こさないようにするには、トイレのドアをしっかりと閉めて室温が上がらないようにし、換気扇を回し湿気を減らします。

TOPボタン